• Breaking Entry

    TeLog Anime+Game

    深夜アニメのおもしろ記事や家ゲーRPG・ネトゲ・スマホゲームのおすすめ
    感想、レビュー、リセマラ、攻略系情報ブログ
    たまに知的好奇心をそそる記事も。



    2015年8月16日日曜日

    【監獄学園】ドラマ化しても誰も得をしない事を海外の人にも理解して欲しい。【AnimeReactions】【WTF】【プリズンスクール】





    アニメーター ドラマ化 反対運動 アニメ愛 海外の方に知ってほしい

    海外の方の情報パイプがどうなっているかは知りませんが、日本ではアニメがドラマ化されても誰も喜びません。なぜなら大失敗する事が目に見えているからです。海外では自国語の言葉で翻訳されるわけですが日本は違います。日本人としても言葉で直に反応するわけです。

    普段皆さんはアニメを字幕で翻訳されながら見ているから理解し難いのかもしれませんが、とてもじゃないですがクオリティが全く違います。まずそこから理解していただきたい。

    過去にも様々なアニメがドラマ化されてきましたがどれも大成功!と呼ばれるような作品は知りません。なぜなら失敗するからです。もしこの言葉に疑問を持たれるのであればどうしてナルトやワンピースがドラマ化されないか解りますか?それは大失敗するのが目に見えているからです。

    他にも得をしない理由があります。それは金銭の問題です。大抵の海外の方が海賊版で視聴しているのかもしれませんが、日本でドラマ化される事でアニメーターにお金は入ってきません。
    日本のアニメを見れるのはアニメーターが頑張ってくれてるからです。もしアニメーターの人数が減れば海外の方もアニメが見れなくなってくる事は明白でしょう。

    そもそも全体的にアニメーターのお給料は少ないということも理解して欲しい一つです。
    日本ではアニメそのものがメジャーではなくむしろ蔑まされる立ち位置にいます。私に偏見はありませんが、解りやすく言うと黒人だからと差別されてしまうほどアニメーターの扱いは酷いです。

    それでもなおドラマ化して嬉しいと感じますか?日本では誰も得をしません。
    海外の方にも少しだけ理解してもらえればなと思い、記事を書き上げました。翻訳がしっかりされてる事前提ですが、ほんの少しだけでも知ってもらえることを願います。

    0 件のコメント :

    コメントを投稿

    ANTENA RSS

    SINoALICE アンテナ

    ARCHIVE

    LINK





    RE:ACCESS

    アクセスランキング

    Feedly

    follow us in feedly

    IN OUT

    PAGE TOP