【Charlotte】13話感想:間とタイミングがこれほどまに重要なこととは思いもしなかった【Anime】

, , No Comments

Charlotte 13話 感想 間とタイミングの重要性


13話見ました。ぶっちゃけると1クールで終わらせなければならないからあれほどまでに凝縮せざるを得なかった。そういう事で良いんですよね…?まさか原作までもがあんなデタラメな間やタイミングのはずがないと信じたいです。ストーリーは素晴らしいと思います。道筋としてはそういう方向で間違いないし良いんですが、あまりにもエピソードがなさすぎる。見てる側に訴えかける間が短すぎて追いついていけない、考える余裕を与えてくれない、そういった要因のせいでとても内容が薄いアニメへと変貌してしまいました。じっくり煮込むにはやはりそれだけの時間が必要です。煮込む作業をとりあえず行って「まぁ…煮込んだんだし大丈夫でしょ?」では具の真の部分までしっかり通らないのと同じことです。


もったいないアニメだと本当に思う。もっと手間暇かけて1クールではなく2クールだったら見てる側に考える時間を与えてくれるし、その時間さえあればもっと色んな具を詰め込めたのではないでしょうか。材料が少なすぎるんですよ。その上、煮込む時間さえも無い。ただとても凄く美味しいとされるレシピを見せられ「ほら美味しいでしょ!」と一流コックさんに言われたような気分です。まだ味わってすらいません。レシピに書かれた材料も揃ってなければ調理する時間さえも惜しまれた。

本当にもったいないアニメだと思います…。Charlotte1話だけです。どの話数よりも一番マシだったのは。それと急展開が起きた話数かな…あれは期待しましたが、その期待に答えてくれるまでには至らなかった…。本当にもったいないアニメだなー…と別に悪くはない。ただ時間があまりにも少なすぎたと思う。どうしてそうなってしまったのか…残念すぎるアニメでした(´・ω・`)ちゃんちゃん。

0 コメント :

コメントを投稿

※閲覧記事と無関係なコメントはスパムとみなす場合がございます。
(ㆁωㆁ*)管理人がコメントを承認するまで表示されません(ㆁωㆁ*)

ARCHIVE

top