一度は挫折したAdSenseをもう一度再申請したらアカウントが有効になったお話

, , No Comments
Google adsens イラスト
AdSenseのアカウントが無効になっていつまでもそのアカウントで再申請したところでそのアカウントは有効になったりはしません。さっさと諦めて友達・親・兄弟などの端末を借りて作成したほうが手っ取り早いです。

そもそもアカウントを無効にされてしまうようなヘマをしなければいいだけというお話なんですよ…。そこで今回は数年前にAdSenseアカウントを獲得していたのに広告ブロックの反映が遅延しすぎて直リンクからブロックしてたらそれが誤クリックと認識されてアカウントの無効を食らった人がもう一度AdSenseアカウントを獲得するまでのお話となります。基礎的なことしか書かないと思いますのであまり需要性は無いと思ってください。それではどうぞ٩(๑òωó๑)۶

どの無料ブログ・サイトを使えば良いのか


審査をさせるブログ・サイトはソネットかLivedoorが望ましいです。僕の場合だとLivedoorで通りました。広告を一枚剥がさなくてはならないと言われているようですがそんな事してなくてもすんなり通りました。なぜなのか理由は解りませんが…。ソネットが安定しているそうなのでスムーズに審査を通りたかったらソネットが良いのかもしれませんね。今僕が言ってる審査を通るために使えばいいとおすすめしているブログ・サイトは悪魔でも審査用のヤツです。既に本腰を入れたブログ・サイトとは別の審査用のものを作らなければなりません。それは著作権や画像の多様であったり文章の短い記事がほんの少しでもあると審査を通らなくなってしまう場合があるからです。この審査ブログ・サイトで無事通過したら後で本腰を入れたブログ・サイトURLを追加して広告の収益を有効化すればいいだけの話なのでそこらへんは問題ありませんよ٩(๑òωó๑)۶

記事の数とその文字数について


1つの記事に最低でも500文字書かなくてはならないと言われてますが、自分の場合だと審査が通ったモノの中で一番短かった記事の文章は258文字です。 これが何を意味しているのか知りませんが、実際通っちゃってます。ついでに一番長文だった記事の文章は2250文字です。記事の数は13個で、1記事の平均文字数が640文字です。参考までにどうぞ٩(๑òωó๑)۶
参考になるかどうかは不明ですがね…!٩(๑òωó๑)۶
画像は2枚と動画1個だけ使ってましたがなんとか通りました。たまにコピペではダメなのか?といった疑問などもあるようですが今更新しているこのブログで過去に更新してた記事を2つほどコピペしています。タイトルを変え、記事の文章に書かれている内容の言い回しをちょっと付け加えて、最後にその記事を下書きに戻して審査ブログ・サイトの記事として更新してありましたがなんとか通りましたね…。完全コピペはアウトだと思いますがちょっとだけその本元を下書きに戻す事ができて、タイトルも変えて、文章も言い回しを付け加えたりするだけでも十分効果はえられるようです。これも参考にどうぞ!参考になるかどうかは知りませんがね!٩(๑òωó๑)۶

様々な広告を扱っている会社の中でトップの収益を誇るアドセンス。
ブログ・サイトを持ってる人なら所持しておきたいよね!

0 コメント :

コメントを投稿

※閲覧記事と無関係なコメントはスパムとみなす場合がございます。
(ㆁωㆁ*)管理人がコメントを承認するまで表示されません(ㆁωㆁ*)

ARCHIVE

top