【ノラガミARAGOTO】10話感想:志願の人間が必要ってどういう意味なんだよ!【Noragami_anime】

, , No Comments

夜トを助けるべく黄泉の世界へ渡るも、帰る手段が無いわけで…。外に待ってくれてる貧乏神が頼りになってるわけだけどその力を用いてさえも風穴が閉じかけてしまっている現状…。そこに恵比寿様の提案で「志願の人間が必要」って口走ったけどそれってもしかして…。どういうことなんだ!

言の葉を使って妖かしを作ってなんかしようと言うの…?まさか生きてる人間が必要とかそういうことを言い出しそうな雰囲気であまりよろしくない何かを感じました…。一体恵比寿様は何を考えておられるのか…。言の葉を使いそうな雰囲気は確かにありそうなんだよ。そもそも妖かしってどうやって作られてるのかあまり知らないというかニワカ()だからアレなんだけど、ダメだと思うなぁ…。それは流石に…。

話が変わるけど途中に出てきたカス薬師がしゃしゃってきて、ドヤ顔で「ノラがなんたら」とかほざいてたけど、お前さん祝の器に屠られてるよ?さっきドヤ顔でなんつったっけ?聞こえなかったからもう一度言ってほしいなぁ…。自分最近耳が聾になってきてさぁ…。ねぇねぇ今どんな気持ち?

0 コメント :

コメントを投稿

※閲覧記事と無関係なコメントはスパムとみなす場合がございます。
(ㆁωㆁ*)管理人がコメントを承認するまで表示されません(ㆁωㆁ*)

ARCHIVE

top