【灰と幻想のグリムガル】2話感想:今までに無いグロさや生々しさ

, , No Comments
SAOやログホラとは違った戦い方というか、とてもリアルでグロくて生々しい演出がめちゃくちゃ印象強く残りましたよ…。ゲームでどれだけ命を軽く扱ってきたのかがよく解るシーンでもあったように思えますけど、グリムガルという世界にいるのに月が赤いのはおかしいと思えたりする様子を見ると、徐々にリアル世界の事を思い出していくのかなぁ…とも考えちゃうし、そういうのが徐々に解らなくなっていくのかなぁ…とも考えてしまいますよね…。今後の描写に期待しちゃうところですけど赤い月に違和感を無くしてきたらいよいよだったりするかもしれない…(意味深)٩(๑òωó๑)۶

何にせよ今までのアニメじゃ命を軽く見過ぎてたからか、ああいう演出に慣れてなかったのか、個人的にはかなり印象的でした…。それに加えてこういうアニメって「狼と香辛料」みたいに、この世界、「グリムガル」という世界を旅・冒険するアニメと捉えて間違ってませんよね…?
それってむしろ新鮮で最近のアニメじゃ中々見ないと思うし、俺にピッタリなのかもしれんのう!

ところで最後になってお風呂シーン見れる!と思ったそこの君、萌豚はお家に帰んな!(ブーメラン)

0 コメント :

コメントを投稿

※閲覧記事と無関係なコメントはスパムとみなす場合がございます。
(ㆁωㆁ*)管理人がコメントを承認するまで表示されません(ㆁωㆁ*)

ARCHIVE

top