【2016年冬】今期の異世界アニメはやっぱりこっちだなwwwwww

, , No Comments
今期の異世界アニメは大きくわけて2つありますよね。「灰と幻想のグリムガル」と「この素晴らしい世界に祝福を!」が挙げられると思うんですが、このブログでは両方とも感想として取り扱ってます。一概にこっちが面白い!とか評価しちゃって大丈夫なの?と思われる方も多いかと思いますが、今回はもうぶっちゃけようと思いますよ!

今期の異世界アニメはやっぱりこっちだな!
「この素晴らしい世界に祝福を!」

一番効いたのが、今までの異世界アニメとしてのコンセプトを覆すようなスタンスに腰が抜けちゃったよね!「異世界アニメ=戦い」っていうイメージがかなり根強くはっているこの世間で、「このすば」のようなアニメはそうそうお目にかかれない近年稀に見るとても良いアニメだと僕は思います。
ギャグセンスがとても高くて、ギャグアニメとして売ってる他アニメが薄れてきてもおかしくないほどのインパクトが「このすば」の中に秘めていると思うんですよ。それにたまーに見る戦闘シーンの力の入れ具合もしっかり把握しててびっくりするほどです!

「灰と幻想のグリムガル」

それではなぜ、「灰と幻想のグリムガル」はダメなのか。このブログで取り扱ってきた感想とはちょっと違う趣旨を中心に掘り下げていこうと思いますよ…!まず、ギャグアニメでは無いですよね。考えられるのは異世界アニメとしての見方で、従来の異世界アニメって先程も言ったとおり戦いなんですよ。だけどこの「灰と幻想のグリムガル」って戦いをメインにしたアニメかと言われるとちょっと違って「人間関係の命の重さ」みたいな、他人とのコミュニケーションに重点をおいてるような気がして一概に感想としてうまく取り扱えれない節もあるんです。今までこういうアニメ見たことがなかったから…。僕が知ってるアニメで似てるのかな…と思うのは「ぼくらの」ってアニメがあるじゃないですか。OPがかなり有名で鬱アニメとして有名なヤツ。あれは一人一人が命をかけてパイロットをして自分の番が回ってきてしまった時の本人の心情だったりとか、しっかり対峙してるんですよ。進み具合が。だけどこの「灰と幻想のグリムガル」ってそういうの無いじゃないですか。ただ漠然と話が進んでマナトの死をずるずる引きずって、ブレてる感情をまとめられたのかな?と思いきや、またマナトの死を掘り返して…。正直このアニメ解かんないです(´・ω・`) だから僕はこのアニメを本物の「雰囲気アニメ」として楽しんでます。そういう見方しかできません。たまーにぶっこんでくる下ネタ混じりの面白さは評価に値しますけどね!w ただ最後の「急に歌い出すよ~」ってヤツは正直心の何処かで許せないのが潜んでる。ただ表にうまく表現できないだけで(ガチ本音)

皆さんは今期の異世界アニメ「この素晴らしい世界に祝福を!」「灰と幻想のグリムガル」どちらを推しますか?僕だったら前者ですね٩(๑òωó๑)۶٩(๑òωó๑)۶

0 コメント :

コメントを投稿

※閲覧記事と無関係なコメントはスパムとみなす場合がございます。
(ㆁωㆁ*)管理人がコメントを承認するまで表示されません(ㆁωㆁ*)

ARCHIVE

top