• Breaking Entry

    2016年4月13日水曜日

    【ジョーカー・ゲーム】2話感想:緊迫した展開がくると思ったら意外とあっさりしてた٩(๑òωó๑)۶





    っていうよりも、たった1話であれだけスパイの精神を卑怯だとぬかしたのに、2話で上官に利用されていたという事実へ辿り着いた途端に自分の立ち回り方が急に上手くなりだしてびっくりしたよwwww なんだあれ!上官の弱みを握ったどころか、これから先の提案までした上に、今起こってる事の裏を事細かく説明してあげちゃうっていう…その身のこなし方wwww こういうのを世渡り上手っていうのかな…?
    戦時ってすごかったんだなぁ…(小並)
    その上D機関の設立者である「結城中佐」の義手やら手袋と杖の秘密やらを明かしたりと、スパイの訓練を行っていない割になかなか筋が良かったりして…。それを見た結城中佐からスカウトされ1話のスパイ精神を貫き通すかと思いきや、まんざらでもない様子…。そりゃあその若さで使い捨てられるのはご免だよね。やっぱり上官にそういう扱いをされた事で何か気づいちゃったんだろうか…。次回が楽しみですよ٩(๑òωó๑)۶

    0 件のコメント :

    コメントを投稿

    ANTENA RSS

    ARCHIVE

    RE:ACCESS

    アクセスランキング

    Feedly

    follow us in feedly

    SPONSORED LINK

    PAGE TOP