• Breaking Entry

    TeLog Anime+Game

    深夜アニメのおもしろ記事や家ゲーRPG・ネトゲ・スマホゲームのおすすめ
    感想、レビュー、リセマラ、攻略系情報ブログ
    たまに知的好奇心をそそる記事も。





    2016年8月4日木曜日

    アドセンスで稼ぐ短期的に稼ぐ記事と長期的に稼ぐ記事の違い





    どうもおはこんばんにちわ。管理人の「Euterpe」です。
    今回は真面目な記事を書こうと思いますぞい。

    タイトルにもあるように、ブログによる(クリック広告)収入を増やすために必要なことと、その始め方のコツを管理人なりに分析し価値を見出すことに成功した事例を交えながら説明してみようと思います。


    短期的に収入を稼ぐ記事と、長期的に収入を稼ぐ記事

    僕のブログに足を運んでくださってる人のなかでブログを持ってるけど未だに1日1,000PVを超えたことがない人や、この夏をきっかけにブログデビューして副収入を獲得したい人まで少なからずいることだろうと思います。

    試したことのない場所へ手を伸ばすのはとても勇気がいることです。実際僕もそうでした。このブログで色んなものに手を出しました。攻略的な記事から旬ネタ・時事ネタに便乗した記事まで、過去を遡ってけばまだまだあります。

    そうした試行錯誤を繰り返してくうちに気づいたことがあります。
    それはリスクの差です。


    短期的に収入を稼ぐ記事のリスクとは、旬が過ぎてしまえばただの駄記事となりますが、長期的に収入を稼ぐ記事のリスクは、ほとんどないのです。


    僕のブログは基本的にゲーム攻略やアニメ感想と時事ネタがほとんどで長期的に収入を稼ぐ記事はほんのわずかでしかありません。そのため未だに1日10,000PVの壁にぶち当たっています。たまに10,000PV前後まで行きますが、そこ止まりです。1,500PV~4,000PVの間を行ったり来たりしてる状態にいます。

    この違いを最近になって身を持って思い知りました。ゲーム攻略や曲の歌詞などは長期的に収入を稼ぐ記事に分類され、ポケモンGOやアニメ感想記事などは短期的に収入を稼ぐ記事に分類されてしまうのです。

    このリスクの差が与えるダメージはとても大きく、更新頻度をあげたところで状況は変わりません。記事の中身がどれだけ重要だったのかをこの身を持って思い知りました。そういった経緯から、もっと中身のある記事を効率的に更新してこうかと思い立ったわけです。果たしてこの記事がどれだけの人に注目してもらえるのかはまだ解りません。それこそ今この瞬間が試したことのない場所へ手を伸ばしてる状況にあるのだと思います。

    だからといって、その長期的な収入を稼ぐことのできるゲーム攻略や曲の歌詞などといった、アイデアをパクって自分の記事にしちゃえばいいのか!というのは大きな間違いです。それもまた一つの課題になっていきます。

    以前こんな記事を書きました。
    一見ただサイトを紹介しているかのように見えますが実は違います。
    ここで紹介されてる記事のほとんどが「ポケモンGO 初心者」といったキーワードで検索した際の1ページ目にランクインしている上位サイトのみをピックアップしており、その上位にランクインしたタイトルに便乗できるようh2タグを入れているんです。

    通常hタグは記事タイトルや見出しのような時に使います。この記事は他人の記事タイトルに組み込まれたhタグを利用して作り上げたものです。言い方を変えればhタグを利用して記事タイトルをパクったといっても過言ではありません。

    その効果ですが、ポケモンGOそのものが短期的に収入を稼ぐ記事に分類されており、既に「ポケモンGO 初心者」で検索しても紹介したサイトは1ページ目に滞在しておらずほとんどが2ページ以降となってしまいます。そのようなサイトの記事タイトルをパクったような記事は更に3ページ4ページ以降にまで落ちてしまうのは当然の話です。

    このように誰かの記事タイトルをパクった所で痴れています。自分が見出したオリジナルの記事でなければ長期的な収入を稼ぐことは非常に難しいのです。


    それでは次に曲の歌詞はどうでしょう?

    これは今僕が挑戦しているコンテンツの一つでアニメが変わるとOPやEDも変わります。そうした時、注目を集めてるアニメOPEDやポテンシャルの高い曲は自然と検索されやすいキーワードとなり、歌詞を求めます。そういった節目を狙って最速で記事更新しGoogleインデックスに登録するとあっという間にPVを稼ぐことが出来ます。

    ただしこれも十分な戦略とはいえません。なぜかというと元々曲の歌詞を専門にしているサイトと同じ内容の記事を比較した時、必ず負けてしまうからです。これも先ほど挙げた他人の記事をパクると同じ原理で、そのサイト・ブログの中に「歌詞」といったコンテンツがどれだけ充実しているかGoogleロボットは瞬時に見極めます。僕のブログは「歌詞」というコンテンツに特化していないのでGoogleロボットはこれをコンテンツが充実していないと判断し、同じ内容の記事でも歌詞専門サイトの記事が上位にランクインされるのです。


    オリジナルのコンテンツに特化させるには得意分野を活かす

    結局のところオリジナルのコンテンツを作り上げるにはかなりの時間と努力が必要になります。ブログのアクセスアップを図るには記事を1,000~10,000書かなくてはならないとまで言われるほどです。

    そのスタンスは古いという人もいます。確かにそこまで記事を書かなくとも1日10,000PVなんて余裕で超えてる人もいるでしょう。しかしそれは頻繁に更新せずともPVを稼げるだけの良質な記事を生産できるその人の才能であるということを忘れないで下さい。

    ブログを始めたばかりの初心者がいきなり内容のある数千文字の記事を投稿しろなんて芸当は無理です。しかし、得意分野となれば話は変わってきます。

    得意分野であればブログ初心者でも記事更新は継続できます。得意分野であれば自然と知識や知恵が身についているので、良質で内容の濃い記事が書けるのです。

    管理人のブログで服の話を題材にした記事は存在しません。なぜならファッションは得意分野ではないからです。当たり前の理屈ですよね。得意分野であればあるほど良質で内容の濃い記事を生産できる。

    ただそれが、長期的な収入を稼げるだけの記事に化けるのか、短期的な収入しか稼げない駄記事となってしまうのか。それを見極めるにはコツがあります。


    予測変換によるキーワード


    ビッグキーワードやスモールキーワードという言葉があります。
    ビッグキーワードとは「アニメブログ」「ゲームブログ」などを指し
    スモールキーワードは「深夜 アニメ 人気」「FF 攻略 ブログ」などを指します。

    ビッグキーワードの特徴


    • 検索回数が多い分、上位表示させることでインプレッションの大きな増加が期待できる。
    • 競合するほかサイトが多い分、相対的に順位を上げづらい。
    • 時間・金銭的コストが高い。


    スモールキーワードの特徴


    • 検索回数が少なく、1つだけ取っても流入にさして影響がない。
    • 競合が少ないので順位が上げやすい。
    • 具体的で明確なニーズをもった検索ユーザーを拾える。

    といった各々の特徴を持っており、これを予測変換から予め記事内に盛り込むキーワードを決め記事タイトルを作成します。もちろんこの記事もそれを試していたり笑


    ブログ収入の相場


    ブログのPVによって収入の相場が決まっていることはご存じですか?

    Google AdSenseで毎月3万円以上の収入を得るいちばん簡単な方法

    PV数でわかるブロガー番付|あなたのブログはどのレベル?


    1ヶ月にどれだけ収入を増やしたいか、そのPVを目安にしてみるのも一つのモチベーションとして活かせる事が可能です。


    最後まで長文を読んでいただき感謝いたします。もし良かったらSNSなどで共有していただけると大変助かります(ㆁωㆁ*)

    0 件のコメント :

    コメントを投稿

    ANTENA RSS

    SINoALICE アンテナ

    ARCHIVE

    LINK





    RE:ACCESS

    アクセスランキング

    Feedly

    follow us in feedly

    IN OUT

    PAGE TOP