• Breaking Entry

    2016年8月1日月曜日

    リゼロ18話をネタバレ含まずに考察してみた





    リゼロ18話見ましたよ。ほとんど画は動きませんでしたが、それを賄えるだけのレムとスバルの口論が見れましたねぇ(ㆁωㆁ*) 感想記事では最速記事更新を目的とした内容になってるのでとてもお粗末な文章や画像だけを載せてアンケートとかいうプロパガンダ的なヤツで済ませちゃったりしますが、この考察記事ではきちんとストーリーを踏まえている内容になってますので長文が苦手な方はそっ閉じ推奨です。

    パックンは白鯨の存在を知っていた



    パックンの本当の姿。かなりおおきいです…。白鯨までとは言いきせんが、白鯨の以前の名前を知ってるほどとは…。一体何者なんだ…。絶対「パックン」が本当の真名ではありませんよね?そんな気がしてなりません。それにスバルに対しての3つもの怠惰を指摘しました。全て当てはまるほどの正論を突けつけられ、笑い狂うほど正気を保てないまま死に戻りしてしまったスバル…。

    死に戻り後のスバル



    まさかこのまま逃げ切って自分が最も生存確率の高い選択を選んでしまうとは。レムに対してもエミリアに対してもラムに対しても他の候補全てに対して、感情が先行しすぎやしませんかねぇ…。ネットのそこら中の記事を見ても主人公が好かれる要因がここまで無いアニメは「School Days」以来かも…。誠レベルには到底及びませんがそれに近い何かを秘めてそうなほど、ヘイト記事で埋め尽くされてます笑

    スバル自身が放った自分を嫌うその理由…。何回死に戻っても何一つ変わらない未来…。誰も助からないなら、せめて側にいるレムの命と自分の命だけは少しでも生存確率の高い選択をしようと、そういう真意だったのだろうとは解ってましたよ。えぇ…(ㆁωㆁ*)

    心構えだけじゃどうにもならない



    スバルとレムだけでは圧倒的に戦力は不利だという状況は変わらない。ペテルギウスが来る前にパックンの本体の力を借りることが出来たらセーフだったりするのだろうか…。意気込みだけあってもペテルギウスに打ち勝つ手段があるかどうかですよねぇ…(ㆁωㆁ*)


    ただあれだけの啖呵を切ったんだから、スバルには是非ともこの状況を打破してほしいですぞい!(ㆁωㆁ*)(ㆁωㆁ*)(ㆁωㆁ*)

    22 件のコメント :

    1. 「エミリアのことが好きで、エミリアを救うことを絶対に
      諦めないスバル」を好きになってしまったのがレム。

      だから、スバルのプロポーズを断ったんでしょう。
      受け入れたら、自分が本当に好きになったスバルを
      置き去りにしちゃうと。

      そんなレムに、「あなたは私にとって英雄なんだから、
      諦めたりしないで」と背中を押されたスバルが、
      ごまかさないであの流されそうな場面で尚、エミリアの
      名前を出してレムに助けてくれるか?って台詞を言えたのは、
      男らしいし格好良いと思った。

      返信削除
      返信
      1. その通りだと思います。
        この話をそこまで読み取れる貴方のような人がいて良かった。

        削除
    2. コメントありがとうございます!
      互いに受け入れあったということですよね。解りますよ。

      だけど、それでも…エミリアに入れ込むほどあの二人は充実してました?
      そこが疑問で仕方ありません。いつぞやの交渉ではクルシュに指摘されてました
      「"エミリアを助けたい"という言葉を聞いてない」とかなんとか…。

      誰かに指摘されてしまうほどの感情なんて捨てたほうがマシじゃないですか。それでもスバルはエミリアを選ぶ真の理由が何も見えてこない…。クルシュに指摘されてからのスバルの感情がよく解りませんよ(ㆁωㆁ*) それともパックン本体に言われて始めて気がついたとか?アニメ勢(ワイ)にはスバルの感情の起伏がまるで掴めません…汗

      返信削除
      返信
      1. エミリア自身凄く良い子で、そこは4章でかなり細かく
        描写されることにはなるのですが、この段階においての
        スバルに、エミリアにそこまで入れ込む理由が弱い、
        というのは正論だと思います!


        そこに関しましては、ネタバレ回避のために
        あまり深いことは書けない上に、あくまでも私の予想
        でしかないのですが・・・。
        『スバルがこの世界に呼ばれた理由』や、エミリアだけ
        が秘密の暴露で『魔女の手』に殺されてしまったことと
        密接に関係してるのではないかなーーー?と。

        答えは原作6章になってもまだ出てないのですが、
        私個人のただの予想では、エミリアへの恋慕と執着の
        裏には大きな秘密が隠されていると思っています。 
        極端に言ってしまえば、仕組まれた感情的な。

        ・・・違ってたらゴメンなさいね!

        削除
      2. コメントありがとうございます!
        もどかしぃ…非常にもどかしいですぞい!(ㆁωㆁ*)

        削除
    3. クルシュに指摘されたときのスバルはペテルギウスへの怒りのみで構成された狂人でした。正気ではなかったんです。よってエミリアへの想いは鳴りを潜めてしまっています。レムをあれだけ惨たらしく殺されて戻ってきた直後でしたので。
      レムが望むのは英雄であり、全てをあきらめないスバルなのでエミリアへの恋心も諦めないというのが、レムの想いに応える形になります。
      また、最後のセリフのとおりレムとエミリアはスバルの中ではすでに同格の存在になっています。実質的にはもうくっついてるようなもんです。

      返信削除
      返信
      1. コメントありがとうございます!
        正気じゃなかったからエミリアへの想いも忘れてしまったと…。
        納得いきませんがそういうことにしときます!←

        削除
    4. 最後のやり取りは単純な振った振られたの話じゃないと思います。
      ここで「俺はエミリアが好きだ」って言えるのがレムが好きなスバル君そのもののはずですから。
      エミリアが好きで頑張るスバルの姿をレムは魔獣退治のときからずっと見守ってるから、ここでエミリアを見捨てて一緒に逃げるとそれこそ「レムの好きなスバル君を置いてけぼり」にしちゃうんでしょう。

      返信削除
    5. エミリアを諦めるから逃げようと言ったスバルを振ったのは他でもないレムです
      諦めないことはエミリアが好きだから助けに行くということです。レムはそんなスバルが好きなのでしょう

      返信削除
    6. レムがこんなにスバルが好きになったのは助けられたというきっかけだけで後は小さな積み重ねから今のレムになったはず。きっとスバルだって同じです。異世界に来てからずっとエミリアのために行動していたスバルの恋愛感情が小さいわけないでしょう。エミリアや他の人に否定され続けて自分の気持ちが分からなくなっていたがレムのおかげで改めて気付いたといったところでしょうか

      返信削除
      返信
      1. コメントありがとうございます!
        なるほど…積み重ねって大切ですね(ㆁωㆁ*)

        削除
    7. 振ったわけじゃなくって二股宣言やろ

      スバル「エミリアが好きなまんまやけど、こんなわいでもええんか?」
      レム「ええで」

      こうや!

      返信削除
      返信
      1. コメントありがとうございます!

        せやな!
        そういう考え方もありうるな!

        削除
    8. >何者なんだ
      アニメでも13話辺りでエミリアがちょびっとだけ説明していましたが
      パックは火の大精霊「終焉の獣」です
      実は7話で禁書庫の中スバルが読んでいる本に大精霊の名前がイ文字で書かれていてそこにもあったりします
      アニメでは一切説明がないのですがあの世界の火属性魔法はロズワールが使ったような典型的な火炎系の他に、熱操作系も司っているそうで、パックやエミリアが使う氷の魔法はその熱操作で生み出しているそうです

      >せめて側にいるレムの命
      ですねー、同時に一人で逃げる事が怖くて、レムについてきてほしい、レムならついてきてくれるはずだ、みたいな醜い打算もやはりあります


      コメント盛り上がってますね
      アニメでは地の文や心情が表現しづらいので中々難しいですよね
      レムがアニメの中で言っていたように、もしもスバルが100%本気でレムとの未来を笑って望んでくれたなら
      レムの大好きな諦めない英雄スバルくん、すら捨ててレムも付いてきてくれたでしょうね(実際WEB版で短編として駆け落ちしたIFストーリーがあります)
      でも、スバルの中にまだあきらめたくない、みんなを助けられるなら助けたいって気持ちがあって、全然笑顔になれてないのがわかってるから
      そういうスバル君じゃ嫌だから、逃げたいっていう彼を逃がさないで苦難に立ち向かってくれと立たせる鬼嫁レムさんです
      そしてそれだけスバルに執着させてしまったのはスバル自身で
      スバルがレムの心を溶かしたと同時に呪いのごとくしばりつけてしまい
      そんなレムがスバルに決して逃げる事を許さず英雄たらんことを欲してスバルに「レムの求める大切な人たちを守り抜く英雄になる」という呪いを与えているシーンでもあります
      まぁ、お互いが闇に堕ちるようなネガティブなものじゃなく、前を向いて進む力としてお互いが心の大事な場所に収まってるっていう話なんですけどね

      ちなみに、すばるがおかしくなった二周目で屋敷に帰る時の野宿で、アニメではカットされましたが
      レムはスバルと二人で駆け落ちする事を少し考えたりしてます
      お屋敷での日々ではスバルを独占する事が出来なかったから、エミリアや姉のラムやベア子と仲良くする姿に多少なりとも嫉妬や寂しい思いをしていたから(同時にそんなスバルの様子を見て温かい気持ちにもなっていたのですが)
      王都にスバルと残った日々はスバルを独占できた幸せの日々であって、それを続けることのできる夢物語のような日々だから
      その時の出来事は死に戻りで消えてしまってますが、レムが抱いている思いはそんな感じでずっとあったんだなぁとわかるシーンです
      このへんアニメで入れられていたらもうちょっと違ってたかもしれませんねぇ

      返信削除
    9. コメントありがとうございます!
      ネットでたまーに「アニメは進むの早い」って見かけることがありましたが、アニメで端折ってる部分も少なからずあるんですね…。ネタバレ含まずにコメント解説してくださってありがとうございます!配慮助かります(o*。_。)o

      返信削除
    10. レムがスバルを好きな理由に納得できるのであれば、スバルがエミリアを好きな理由も納得できるのではないでしょうか。
      スバルもレムも辛かった時に救ってもらっています。スバルは1話と8話で、レムは11話で。
      スバルにとっては1話で異世界に来て初めて救いの手を差し伸べてもらったことは、相当な救いになったのではないでしょうか。13話でスバルが「君が俺にしてくれたたことがどれだけ俺の救いになってくれたかわからない」と発言しています。その上8話でもまた救ってもらっています。
      スバルもレムも劣等感を抱えていて、辛かった時に救ってもらったという似たような面があります。レムがスバルに向けるのと同じ位の強い感情をスバルもエミリアに抱いていてるような気がします。スバルもレムも好きな人のために文字通り命をかけてますからね。スバルのやり方がどうしようもなく下手で、レムの献身のほうが美しく、印象深いですけど、二人とも抱えている想いは同じ位強いのかもしれません。

      18話で今度はレムに救われるわけですけど、あそこでエミリアよりレムが好きだとなってしまうと、レムだけなら簡単に救える、エミリア達を助けようとするとまたレムが死んでしまうかもしれないという現状、スバルはレムを連れて逃げ出すでしょう。そうするとレムが好きになってくれた英雄がいなくなってしまいます。
      エミリアが好きだっていう気持ちもあるし、レムに応えてあげたい気持ちもあるけど、応えるとレムの好きなスバルじゃなくなる。難しいですね。

      クルシュの指摘はそもそもエミリアに近づいた理由を勘違いしてたりするので何とも言えないですね。スバルにとってはついさっき地獄を見てきたばかりで、そんな状況で誰かに指摘される程度のものなら捨てたほうがましというのは流石に酷かなと思います。程度の低いものじゃないのは視聴者は今まで見て来ているはずなんですけどね。
      今まで文字通り死ぬほど苦しい思いをしても、エミリアが好きだからという想いがあるから前に進んでこれた。それってかなり強い想いだと思うんですよ。
      死に戻りの辛さがいまいち伝わってないのかもしれませんが、本当に死んでるので、死ぬほど苦しいです。人生で一度きりのはずの死の苦しみを何度味わっても、好きな人を助けるためとはいえ、高校生が死ぬ危険があるとわかっている場所に突っ込むってすごくないですか?それだけスバルの想いが強いってことなんだと思いますよ。

      自分はこう感じたっていうのを長々と書いてしまってすみません。適当に流してください。

      返信削除
      返信
      1. コメントありがとうございます!

        実はレムがスバルに想いを馳せるってのもなんだか不自然に感じてるんですよ。なんていうか…アニメからの先入観なのでそこをまず最初に踏まえといて欲しいんですが、急に擦り寄ってきた感が歪めないんですよねぇ…。

        何話か忘れてしまいましたが、(あれ?レムの様子が…)みたいな感じの回があって急に降って沸いた印象がとても強く残ってます。

        確かにレムがスバルを好きになった理由を把握してれば自然とスバルがエミリアを選ぶのは当たり前ですよね笑 大丈夫ですよ理屈としては理解できてます(ㆁωㆁ*)

        削除
    11. レムがスバルを好きな理由ははっきり描かれてますよ?

      11話でループ脱出回のスバルの行動だけ抜き取ればわかりますよ。
      それまでのレムの心理って、
      ・どんなに努力してもラムに叶わない→諦め
      ・全力でラムのバックアップをする→生きる理由

      というところにスバルが来て、
      ・村人を全部救う
      ・狂ったレムを正気に戻す
      ・自分を犠牲にしてレムラムを助ける

      しかも自分(レム)より圧倒的に弱いスバルがこれを宣言、成し遂げてる。

      その上で、
      ・自分(レム)を信じろ
      ・苦しい時はわけあって支えていこう
      ・未来は笑って話そう

      と希望に満ちたコメントばかり言ってます。
      一番弱いはずのスバルが不屈の意思を持ってクリアしてるわけです。
      レムは過去諦めたのに。
      こりゃ普通に見ても英雄に見えますよ。

      スバルはこれらの台詞をカッコつけで言ったと思います。
      今それが立場がひっくり返った時にブーメランとして返ってきてるわけです。

      だからレムが、
      ・スバルくんは英雄(確定)です
      ・どんな時でもレムが支えます
      ・未来を笑って話しましょう

      完全に同じ手で返してきてますよね。
      見方を変えるとスバルはあの時カッコつけたために後に引けなくなったということです。

      これで英雄にならざるを得なくなった → じゃあやってやろうじゃないか!
      今までマイナスの感情でクリアするしかなかった状態が、初めてプラスの感情で動けるようになった。
      というのが18話じゃないでしょうか。

      多分スバルも11話の時は全員救ったことで満足してて自分が撒いた種に気づいてないと思います。
      だから急にレムが優しくなるのは視聴者と同じ感覚でいいんじゃないでしょうかね?
      ここでスバルははっきりとレムの気持ちの重さを理解したわけですから。

      ここまでお互いの気持が通じあってるからこそ、ラストの告白のツッコミが言えてるわけです。
      自分たちの告白すら笑って言い合えるほどのお互いの理解。
      これって凄いと思いませんか?

      返信削除
      返信
      1. コメントありがとうございます!

        ほぇー…。めちゃくちゃアニメ分析してますやん驚
        そんな細かいとこまで逃さずに観てたあなたのほうが凄いですよ笑

        箇条書してくださったとこも全て筋が通ってますし、ちょっとびっくりしちゃいました(ㆁωㆁ*)

        削除
    12. リゼロは考察が楽しいですね
      キャラの心理は表面に出ていないことが多いのでどうしてこうしたのか何を感じていたのかは後々分かることもあります。特に道化スバルは辛いことから目をそらし自分さえ騙しているので読者も騙されます。視聴者は特にそうでしょう
      アニメは流れが速く情報が少ないので色んなことを見逃してしまうと思います。暇があったらまた1話から見直して考察すると面白いかもしれません

      返信削除
    13. 今まで疑問に思うことがあったのでちょっと書いてみます。
      第1クールで不思議に思っていたのは、なぜスバルのような人間が引きこもりになったのかということです。悪評ぷんぷんのスバル君ですが、ユーモアたっぷりの軽口に軽妙な切り返し、ギザ10でたちまち子供をあやし、ラジオ体操で村人たちの信頼を得る知能犯。女殺し屋と渡り合い、崖から飛び降り、魔獣と戦い、狂乱レムを救出して鬼がかった笑顔を引き出す行動力。これってまさにリーダー格の人気者の設定じゃないですか。こんな引きこもりがいるはずがない。そもそも筋トレに励む引きこもりなんて聞いたことがない。ずっと違和感を感じていました。
      それが第2クールになると、設定ミスを取り戻そうとするかのようなスバルの駄目っぷり。これじゃ誰からも信頼されず、嫌われ、無視される不登校児になるのも無理はないと納得したものです。
      でも第1と第2クールではスバルの描き方に温度差がありすぎる。英雄スバルをなぜここまで貶めなければならないのか。スバルが誰からも好かれる人間から誰からも嫌われる人間になった原因って何?
      それが今回少しわかったような気がします。スバルは言います。
      「力もないのに望みは高い」「知恵もないのに夢ばかり見て」「自分じゃ何もしないくせに文句だけは一人前」「努力はポーズだけで自己正当化するための手段」「我が身可愛さのあまり人の目ばかり気にする」
      これって元の世界でスバルがやってきたことですよね。確かにこういう人間はどこにでもいそうですし、実際、感想サイトでもよく見かけます。スバルが特別ということもないでしう。でも、こういう人間は絶対に引きこもりにならない。そもそも透徹した自己分析とは無縁の人種ですから、周囲から不興を買っても毎日面白おかしく暮らしていくものです。SHIROBAKOの誰かさんのように。
      にもかかわらず、スバルは引きこもりになった。それが意味していることって?
      スバルの言葉から想像すると、高い望みをもち、必死に努力したが、夢をかなえる知恵がうかばず、挫折した。それでもあきらめきれずに努力するポーズだけは続けたが、人の目ばかり気にするようになり、我が身可愛さで引きこもりになった、という流れでしょうか。
      そこではたと気がついたわけです。第1クールは本来にぎりしめるべきしあわせをつかみかけた人間の姿。第2クールは本来にぎりしめるべきしあわせをとりこぼしていく人間の姿。
      誰だってスバルになる可能性があるんだぞ、誰もがスバルの映し鏡なんだぞ、という製作側の声が聞こえてくるようです。だってスバルの転落が始まったのはユリウスへのささいな嫉妬心からで、そうした感情から自由の人なんていないでしょうから。
      「引きこもり」という言葉を使うとき、誰もが侮蔑と優越感をにじませる。自分とは違うと切り捨てようとする。でも誰もが英雄スバルから駄目スバルになる可能性がある。そして逆に誰もが駄目スバルから英雄スバルに再生する可能性もある。
      レムはいいます。「あの炎の夜から、姉さま以外の全てを失った夜から、レムの時間は止まっていたんです。その止まっていた時間を、凍り付いた心をスバル君が甘やかに溶かしてくれたんです」
      これはまさにエミリアがスバルにしてくれたことですよね。異世界に来たばかりのスバルは何事にも鈍感で、心も凍り付いていたことでしょう。深刻な不安もなく、むしろ異世界召喚を歓迎していたフシがある。竜車に轢かれそうになった子供に魔法をぶっぱなそうとするお気楽さ。チンピラが刃物をだしたとたんに平然と土下座する下種っぷり。スバルの時間もまた止まっていたのでしょう。
      そんな時にエミリアに邂逅するわけですが、そもそもスバルはエミリアのどこに
      魅かれたんでしたっけ? 見た目の可愛さ? ちがいますよね。王選候補の徽章を取り戻すという一刻の猶予もならないときに、他人の都合を優先して自分の都合を後回しにしたその余りに無垢な心根にスバルは魅かれたのです。しかも迷子の手助けまでする際限のない善良さ。相手に負担をかけまいとする滑稽なまでの思いやり。最後のループで再び胸に花がついているのを見てスバルの凍った時間と心はとけだしたのではないでしょうか。
      さらに、おそらく誰からも信頼されなくなっていたであろうスバルをかばって、殺気満々のラムに「それでも私はスバルを信じる」と言い切り、文字通り命がけで他人と信頼関係を結ぼうとするストレスに嘔吐するスバルに膝枕を提供し、「がんばったネ」の一言。スバルがエミリア命になるのもわかる気がします。
      そのあとレムという大金星まであげるわけですが、こうした本来にぎりしめるべきしあわせをつかみかけたきっかけは、ささいなことです。エミリアの行動をバカ丸出しととるか、美しいととるか。
      でもいやな予感もありました。「月がきれいですね」「手が届かないところにあるものね」のところでスバルは「俺は自分にウソをつかない男だ」と見栄を切りますが、「自分にウソをつかない」とか「自分に正直でいたい」とかいうのは言葉のまやかしで。本音は「欲望に身をまかせたい」ということだと本で読んだことがあったからです。ははあ、これからスバルは手の届かないエミリアという月
      を手に入れるために欲望に身をまかせて不始末をしでかしていくんだな、と。
      豚の欲望に身をまかせてつかみかけたしあわせを次々にとりこぼしていくスバル。そのきっかけはささいな嫉妬と対抗心でした。誰からも好かれる人間から誰からも嫌われる人間への転落。なんとあっけなく瓦解していくことか。
      愛を告白するレムを前にしてスバルの心に去来したものは何だったのでしょう。
      そこにはレムへの感謝、愛おしさのほかにエミリアへの想いの再確認があったはずです。だからこそ言わずにはいられない。「俺はエミリアが好きだ」と。
      それが欲望に身をまかせて、すべてをあきらめた自分を覚醒させてくれたレムへの最高の誠意だから。それを聞いてレムは「はい」と返事します。そしてメイドとして最高の気品に満ちた礼をとる。そこには明らかな安堵がありました。
      ちょっとした親切、ちょっとした勇気、ちょっとした感動、ちょっとした反省があれば、誰だって引きこもりからぬけだせる。
      ちょっとした意地悪、ちょっとした躊躇、ちょっとした妬み、ちょっとした欺瞞から、誰だって簡単に絶頂から転げ堕ちる。その無数の選択の分岐の先にレムがいる。
      高い自意識をもち努力を継続していくことは大変なことです。自分の高慢や無能ぶりに嫌気がさして、すべてを放り出して怠惰な安楽に溺れたくのは人情です。
      でも努力の継続をあきらめた人にはレムは現れない。あきらめようとしてもあきらめきれず、たとえポーズでも努力をつづけようとする人にこそレムは現れる。そして言ってくれるのです。「あきらめるのは、簡単です」と。

      スバル君の最近の悪評ぶりに「ちょっと違うんじゃない?」と思っていたものですから書いてみました。それにしてもこのサイトのコメントって結構マトモですよね。びっくりしました。

      返信削除
    14. コメントありがとうございます!

      確かに主人公の悪評っぷりは酷いですよね…( ˙-˙ ).。o○(その悪評に流れかけてただなんて言えない…)

      このサイトのほとんどが検索流入だけで賄えてきたので今までリピーター様との会話を必要としていませんでした。最近になってアンケートといったリピーター様との接点を作り始めてからコメントが増えて僕自身もびっくりしてます笑笑

      それと記事本編を軽く超えるあなたの圧倒的な文字数…にも驚いてますよ笑笑

      返信削除

    ANTENA RSS

    ARCHIVE

    RE:ACCESS

    アクセスランキング

    Feedly

    follow us in feedly

    SPONSORED LINK

    PAGE TOP