• Breaking Entry

    2016年9月26日月曜日

    【ToS】モンスタージェムについてるスキルの価値が高いものだけピックアップ【アーチャー系列】






    モンスタージェムとはスキルレベル+1されるという素敵なオプションがついてるジェムの事です。モンスタージェムにスキルの名前が書かれてますが、そのスキルの効果や説明までは書かれておりません…。

    そこで今回は各モンスタージェムについてるスキルの需要性が最も高いものを選別しながらピックアップしてみました!アーチャースキルジェム篇となります!





    アーチャー


    R1アーチャー
    スキル名:スウィフトステップ
    スキル説明:C2から化けるスキル。C2から特性でクリティカルバフになり、最高で25%アップ


    R1アーチャー
    スキル名:マルチショット
    スキル説明:メイン火力。フルチャージまでの時間が伸びる代わりに威力やHIT数も増えていく。C2からの特性でチャージタイム半減が可能になり、使い勝手が気持ちいスキルに化けるみたい。


    R1アーチャー
    スキル名:ニーリングショット
    スキル説明:DEX型クォのメイン火力になるらしい。



    レンジャー


    R2レンジャー
    スキル名:バラージ
    スキル説明:素早い動きで扇状に5発の矢を放つ。貫通もあり接触して使えば5HIT更にCDも短い。


    R2レンジャー
    スキル名:ステディエイム
    スキル説明10秒間ミサイル属性のスキルが増加。バラージなどがミサイル属性。火力バフ。


    R2レンジャー
    スキル名:バウンスショット
    スキル説明:高威力短CD。超拡散力。特性で敵の速度を遅くするデバフ付


    R2レンジャー
    スキル名:スパイラルアロー
    スキル説明:レンジャーC3にする目的のようなスキル。特性でクリティカル発生率が上がり、クールごとに撃てばDPSが跳ね上がる。韓国産特有の弓贔屓にソードマンラブの管理人げきおこまである。


    クォレルシューター


    R2クォレルシューター
    スキル名:スキャッターカルトロップ
    スキル説明:マキビシ撒くだけ。なんでシノビスキル盗んでるんかよくわからない。需要性はかなり高い。韓国特有の弓贔屓スキル。ソードマンの隠しジョブであるシノビが使うスキルだと誰もが思ってる。そのうちマキビシの起源は韓国とか言い出しそうで怖い。


    R2クォレルシューター
    スキル名:ティアダウン
    スキル説明:ボスが出した罠などを無条件で一発破壊可能。対人用としてクォレルシューターの居場所がある理由とまで言われている。需要性はありそう。


    R2クォレルシューター
    スキル名:ランニングショット
    スキル説明:クォレルの絶対的存在価値らしい。絶対にマックスにしろとかvipwikiに書かれてる。怖い。弓で攻撃すると足が遅くなるのだが、このスキルは普通の速度で走れるようになる。



    サッパー


    R3サッパー
    スキル名:ブルームトラップ
    スキル説明:サッパーの存在価値らしい。触媒としてトリネコを消費する。広範囲高持続短ダメージ。CDは普通に短い。1取るだけで狩りがだいぶ楽になるほどの需要性。



    スカウト


    R4スカウト
    スキル名:クローキング
    スキル説明:マビノギで言うところのエルフ特有のハイド。昔の仕様。対人で化ける。



    ポイズンシューター


    R4ポイズンシューター
    スキル名:ニードルブロー
    スキル説明:ダメージにSTRが乗るらしい。ジョイントしてる的に当てると全対象が毒状態に。リンカーが特性とってると更に1.5倍。


    R4ポイズンシューター
    スキル名:ブローガン
    スキル説明:敵一体に対して毒を与え、その媒体を攻撃すると1体づつ毒のデバフが周囲のモンスターにばらまかれていく。対人で使えるのかは不明。


    R4ポイズンシューター
    スキル名:ポイズンポット
    スキル説明:設置型スキル。ダメージにSTRが乗るらしい。



    ローグ


    R5ローグ
    スキル名:スニークヒット
    スキル説明:背後から攻撃するとクリティカル率が上がる。クリティカル発生ではなくクリティカル率が上がる。(大事なことなので)


    R5ローグ
    スキル名:イヴェイジョン
    スキル説明:回避率を上げる。10振りで100%アップ。


    R5ローブ
    スキル名:バックスタップ
    スキル説明:対人で輝くスキルみたい。クォレル経由して盾をぶん回すのが推奨されており、経由してない場合だとCDが2倍になるので取らないほうが良いらしい。



    フレッチャー


    R5フレッチャー
    スキル名:マジックアロー
    スキル説明:一部で囁かれている強スキル。設置型CD5秒。HIT数に上限が有り10秒しか持たない。パイロ(職名)のピラー(スキル名)より強いらしい。



    シュヴァルツライダー


    R6シュヴァルツライダー
    スキル名:リトリートショット
    スキル説明:バフがかっている間後ろに範囲AoEをばらまく。おにつよスキル。


    R6シュヴァルツライダー
    スキル名:ワイルドショット
    スキル説明:威力が微妙になったぶん、硬直が短くなった「集中砲火」みたいな感じ。集中砲火も需要高めのスキル。



    ファルコナー


    R6ファルコナー
    スキル名:サークリング
    スキル説明:ファルコナーの本体。範囲内にいる敵の広域範囲防御を減少させるデバフを10秒間つける。スキルは3振っておけば効果を発揮する。結構説明が濃いのでvipwikiから一部引用。

    広域防御って言い方が悪くて意味がよくわかりにくい。AoEの説明からしないといけないし。
    AoEっていうのは攻撃に設定されてる「どれだけ敵に同時に攻撃できる範囲があるか」の値
    広域防御っていうのはつまり敵の幅っていうかサイズのことで、「どれだけAoEを消費するか」の値
    つまり敵のサイズによって消費するAoE量が違うんだけど、殆どの敵は1、大型の敵は3とかある。
    これを減少させるとサイズの大きい敵がいても、AoEの値通りの数同時にダメージを与えることができるようになる。
    具体的には、130IDのグリザードン部屋とかみたいなコマいの+ゴツイの混成という状況で有効に働く。
    超大型のボスは3以上あったりする(?)けど基本対単体なので気にしなくていい
    つまりこのスキルは現状3あれば意味を成す。
    それ以上は広域防御がマイナスになったりはしないので無意味。
    マスケティアのカバーリングファイヤとかサークリングがあると地味にうれしいスキルが結構ある。
    ①本来単体だが範囲化するもの…マルチショット、カバーリングファイア
    ↑広域攻撃係数0のAoEという判定らしく、サークリングで敵広域防御係数を0にすれば何匹でも当たる よってサークリング中に限定すればゴブ手やグラバンは不要
    ②命中対象数の恩恵を受ける範囲攻撃…キャノニアスキル全部
    ③恩恵を受けないものの中で特に誤解されやすいもの…バラージ、オブリークやスプリットなどの分裂系
    通常の近接攻撃もAoEは3なので、槍以外のソドマン系にも地味にありがたいんじゃないかな アチャ系の通常攻撃は単体指定攻撃で広域攻撃係数や広域防御係数を弄っても範囲化しない
    なのでランニングが範囲攻撃になるのはウソだぞ騙されるな



    キャノニア


    R7キャノニア
    スキル名:キャノンブラスト
    スキル説明:キャノニアの本体。アーチャーのAoEとしてゃ非常に強く、ポイズンポットやブルームトラップと違い、空中の的にもあたる。ただしこれ1個で全てが賄えるほどの強さではないみたい。




    マスケティア、ハッカパーレ、メルゲンのジェム情報は先行鯖での情報待ちです。一応スキルの説明書きはあちこちで見られますのでスキル解説に詳しいサイトを下記に貼っておきます。

    次回はウィザードスキルジェム篇です!お楽しみに!

    1 2 3 4

    0 件のコメント :

    コメントを投稿

    ANTENA RSS

    ARCHIVE

    RE:ACCESS

    アクセスランキング

    Feedly

    follow us in feedly

    SPONSORED LINK

    PAGE TOP