• Breaking Entry

    2016年11月20日日曜日

    【ToS】クリティカル発生を補う装備が出てこない限りDEX型は合理的 - ステ振りに困ったら





    OB開始から公式サービス開始を見通して国際鯖や本国鯖のような仕様(ジェムと魔法スクの大幅上方修正)がこない限りDEX型はSTR型に勝てないと以前ソードマン記事の何かで書いてみましたが、今回は「ちもろぐ」さんの記事に感化されての内容となります。



    今の現状ではクリティカル発生を補う術がありません。

    緑ジェムや装備OPなどで多少はDEXを補うことができますが、そんな数値STR型を補ってくれる赤ジェム黄ジェムヘアコスの物理攻撃力ちょっと揃えるだけでDEXを補うクリティカル発生装備を揃える努力を軽くしのいでしまいます。

    DEX(クリティカル発生)はステータスで補い、STR(物理攻撃力やクリティカル攻撃力)は装備(赤・黄・魔法スク)で補うことで最大の効率を叩き出すことが可能になります。

    問題はSTR型の多段する威力の低いスキルですが、これは赤ジェムをさすだけで問題解消できます。

    同じ土俵(装備)で比べた時、アーチャーのクリティカル発生はソードマンのクリティカル発生より強いことは前記事で桐生さんのコメントをいただいたのでそちらを御覧ください。

    💬http://www.barasa88888-animegame-blog96.com/2016/09/tos-et-sd.html

    超越の話ではなくDEXとクリティカル発生の話なので、アーチャーがどれだけDEX型に恵まれているかが伺えます。

    一生懸命DEXを補うためにクリティカル発生のついた装備を整えた所で500ほどしか伸びません。そんな数値をSTR型で補おうとするとちょっとレベルの高い赤ジェムをさすだけで軽くその数値に追いつきます。

    だからといってクリティカル発生を補う装備を揃える努力を惜しんではいけません。

    DEXステータスで補えるクリティカル発生率はソードマンで50%であり、アーチャーでは60%ほどで止まってしまうからで、これ以上のクリティカル発生率を高めたいのであれば装備を揃える必要性が生まれます。

    次に赤ジェムをさすか、黄ジェムをさすかの違いですが多段する威力の低いスキルを使うのであれば赤ジェムをさし、スキル攻撃力が高いのであれば黄ジェムをさせばいいのではないかと思っています。

    日頃から防御力の高いモンスターを相手に戦うのであれば底上げとして赤ジェムをいれることをおすすめします。


    マビノギ時代からちょくちょく見に行ってるちもろぐさんのブログ。ほんとに役立たせていただいております(o*。_。)o


    3 件のコメント :

    1. DEXに一切振らなくても8割以上クリティカルが出るローグとかいう職が存在しますよ。

      あと、wikiに書いてある
      (クリ発生-クリ抵抗)*42/レベル
      この式は、

      「国際サーバーのベータテストの時に、
      Lv50~200のキャラクターで、同格~格下の敵を100~300回殴るという実験を、
      条件を変えながら13セットほどやった結果から、
      だいたいこのぐらいじゃない?という感じでテキトーに導出された式」

      のようで、試行回数が少なすぎて、めちゃめちゃ誤差が大きい(実験結果もかなりバラバラ)ですし、
      その実験結果は格下ほどクリが出やすくなってる傾向にあるのに、それを無視してたりするので、
      Lv280~330、同格~格上については、再び検証実験を行う必要があるのでは?という話が、
      日本の公式フォーラムに出てたと思いますよ。

      返信削除
      返信
      1. 大変ためになるコメントありがとうございます(o*。_。)o
        試行回数が少ないのですか…。今後実装されていくレベル帯でまた変わってくるのであれば装備にステータスと諸々考えものですね。実装後1日でナーフしてくる運営ですし、その試行回数を重ねた苦労が水の泡にならないように祈るしかありませんね。

        削除
    2. 以前、217IDで計算上のクリティカル率より、実クリティカル率が高くなるという報告をした者です。

      シャウレイ西の森のハナミンで検証してみたところ、
      計算上はクリティカル率が92%になるはずが、実際のクリティカルは97%前後という結果が出ました。

      また、240IDでも動画を撮っていたのですが、
      相方のドッペルさんは、計算上はクリティカル抵抗が0の相手に92%程度のクリティカル率なのに、
      もっとクリティカル抵抗があるはずの240IDの敵に、それ以上のクリティカルを出していました。

      なので、例の式はあてにならない可能性が濃厚です、

      返信削除

    ANTENA RSS

    ARCHIVE

    RE:ACCESS

    アクセスランキング

    Feedly

    follow us in feedly

    SPONSORED LINK

    PAGE TOP