• Breaking Entry

    TeLog Anime+Game

    深夜アニメのおもしろ記事や家ゲーRPG・ネトゲ・スマホゲームのおすすめ
    感想、レビュー、リセマラ、攻略系情報ブログ
    たまに知的好奇心をそそる記事も。



    2017年3月2日木曜日

    海外No1人気Youtuber「PewDiePie(ピーディパイ)」が各メディアから総攻撃?差別記事による個人攻撃が海外で炎上中・・・一体何が?





    海外NO1人気Youtuberである「PewDiePie(ピーディパイ)」が1月下旬から2月上旬頃にアップロードしたと思われる、一つのブラックジョーク動画が波紋を呼んでいる。

    その肝心な動画だが残念ながら本人の意向で削除されている。 動画の本質は「このサイトは5ドルを払うだけの価値は本当にあるのか?どうなのか?」といった内容で、ピーディパイが自腹で5ドルを支払い、そのサイトの価値を見極めるものだった。

    日本で言うところの、シバターのイケメン版がピーディパイといえる。ピーディパイはそれほどまでにブラックジョークを好み、他Youtuberとの差を広げていった実力者であり、物申す系Youtuberでもある。

    その動画の内容だが、問題になってしまったのはそのサイトの価値を見極める行為だった。 その有料サイトに貼られたものは「ユダヤ人に死を」と綴られた紙を広げる二人の上半身裸の裸の男性。予期せぬその羅列した文字と不規則な笑い声を上げる上半身裸の男性。

    この動画が全世界(英語圏)に広がり各メディアが、個人であるピーディパイを直接攻撃するような記事を連続で更新。

    そしてそういった各メディアに対して宣戦布告をしたピーディパイがまたもや炎上中である

    右下のネジボタンから字幕を日本語に変えることが出来ます。


    3分15秒~
    今年、俺はもっと正直になるって決めた
    メディアにいつまでもいい顔はしない
    色々とオープンになろうって

    3分38秒
    PewDiePieが『反ユダヤ動画』投稿でディズニーから契約解除、知ってると思うがこの記事は「Wall Street Jounmal」がだ出したものだ
    内容は…俺が半ユダヤ主義だと主張するもの。
    まずはじめに、最大の問題について言及したい。たぶん、みんな…この男性が(両手で)サインを持ってるやつ、見たことある思う。どこでも報じられたから。
    多くの人があの動画を気に入った、そして嫌う人がいた。
    でもそれに関係なく、もう一度はっきりさせておくあの動画の目的は、あのウェブサイトがいかに馬鹿げているかを見せるものだった。

    5ドル払ってどこまで行けるのかも。

    俺が使った言葉についてはすまない。気分を害した人がいるのも理解しているし、ブラックジョークがいきすぎたとも認める。
    何でもジョークにしてもいいとは思うが、正しいやり方と、間違ったやり方がるのも理解している。

    どこまでやれるか試すのが好きだが、自分が素人連中であることも分かっている。
    前にもこういう間違いを犯したことがある。でもそれは俺が学んで成長できる経験だ。
    そういった経験ができるのはありがたいことだし、今回の件も、俺にとってそういうものだ。
    このことをしっかり心に刻んで前にすすめる。
    で、有名で信頼性()のあるニュースサイト「Wall Street Joumal」は…俺がこの6ヶ月間で9つの反ユダヤ的内容が含まれる動画を作ったと書いた。

    この記事が出る前に、内容を聞いて滅茶苦茶だと思った。

    これが"ニュース"?狂ってる。
    彼らは俺が一緒に働いている最大の会社「ディズニー」と「Youtube」のところに行って、部屋の隅に追いやってこう囁いた。(ねぇ、この…"差別的発言"どうおもう? 見てみて、最低だよ。)

    明らかに俺との契約を切らせようとしている。

    理解は出来る。
    「俺はどんなジョークも言える、俺には関係ない、俺はPewDiePieだもん」とか言ってるわけじゃない。

    これは起こっても当然の結果だ。この動画で自分を正当化したいわけじゃない。
    でも問題がある。
    彼らはこれを「ジョーク」じゃなく「記事」と呼んだ。
    メディアは俺の発言から都合のいい部分だけを抜粋して、前後関係を分からなくして俺をナチズム主義者だと証明するためにそれを使った。俺は「Youtuber Hero」のシステムがナチズムみたいだって批判する内容の動画を作って、その動画の中で俺はヒトラーのスピーチを見てた。
    それさえも俺がナチズム主義者や半ユダヤ主義だって証拠に使われた。
    冗談じゃなく、俺がただ腕をこう(右上を指差す)ところも使われたんだ。

    俺がジョークで軍人のコスプレをした動画もその場面だけを切り取って全く関係のない動画にした
    ナチスのマークを作るゲーム動画も使われた。俺は「やめてくれ」ってその動画のタイトルにつけてたんだ。それでもその部分だけを切り取られて使われた。
    こんなの"記事"とは言わない。これは俺への攻撃だ。
    俺の名誉を棄損するだけの攻撃

    俺の影響力と経済価値を落とすだけの行為だよ。
    …俺を反ユダヤとして見せるための証拠をできるだけ集めようとした。
    狂ってるが彼らはこれを正当化した。
    これは記事とは言わない。俺に対する個人的攻撃だ。
    明らかだよ。
    -----
    この卑劣なやり方ですぐにわかった。
    -----
    こういう個人的攻撃…俺を反ユダヤ主義と呼ぶことは何の助けにもならない。

    俺の行動は憎しみに溢れていたか?
    いや、そんなわけない。
    思うが、人種差別を正当化しているのはお前らだぞ。

    なぜなら、本物の憎悪は存在する。あ、ただ指を指してるだけだ落ち着けよ。

    この世界の何処かに必ず、本当の問題がある。

    俺のスキャンダルを祝ってないでその問題に対して何かしたらどうだ。
    どうやったら、こんな事が2017年の問題を解決するんだ…。
    俺は変わらない。まだ動画を作ってる。
    残念だな、「Wall Street Joumal」出直しこい、MAD FUCKERS

    そして最後には10番目の…秘密のナチズムの合図が相応しい。
    Wall Street Joumalが気付きもしなかったナチズムの証拠
    俺らだけのナチズムの合図
    The Brofist



    日本人は英語が苦手なので、あまりこういった話題は流行らないかもしれませんが、誰も取り上げる様子がなかったので日本語での記事を更新してみました。

    今一度よく考えて下さい。今日本で人気を誇っていると思われるはじめしゃちょーの他に、情報商材から成り上がった詐欺師Youtuber「ヒカル」やそのVAZの一員である「ラファエル」などが人気を醸しています。

    しかし、「ラファエル」は完全に海外Youtuberの二番煎じ。一時期流行った鉄球ネタも全て海外Youtuberからパクってきたネタです。

    そして海外NO1、いや世界NO1Youtuberである「PewDiePie(ピーディパイ)」でさえも私たちは素人(ルーキーコメディアン)だと自覚を持っています。

    しかし詐欺師で有名な「ヒカル」はどうですか?
    あたかも自分がカリスマだと勘違いした動画投稿。(例:1日の密着取材など)

    海を超えれば200万登録者なんてものは底辺Youtuberのランクに位置づけされており、世界では通用しません。

    PewDiePie(ピーディパイ)のYoutuberとしての魅力は世界NO1です。
    実際にNO2とは倍以上の登録数の差があるのもソーシャルブレードから確認できます。

    更に酷いのはVAZという組織(大人)が年端もいかない小学生の女の子に「よっ、ロリコンども」と冒頭に言うようにと指示を下し金儲けに利用しようとまでしています。

    Youtubeの本当の魅力は金儲けに走らない、まさに実力だけで駆け上がった「PewDiePie(ピーディパイ)」が最も相応しいと感じる出来事でした。

    PewDiePieが全世界向けの動画投稿ということで、その拡散に少しでも助力したく更新してみました。もし彼のことを応援したいと少しでも感じたいただけたらなば、登録してあげてください。

    彼の登録者数は5300万です


    0 件のコメント :

    コメントを投稿

    ANTENA RSS

    ARCHIVE

    LINK





    RE:ACCESS

    アクセスランキング

    Feedly

    follow us in feedly

    IN OUT

    PAGE TOP