• Breaking Entry

    TeLog Anime+Game

    深夜アニメのおもしろ記事や家ゲーRPG・ネトゲ・スマホゲームのおすすめ
    感想、レビュー、リセマラ、攻略系情報ブログ
    たまに知的好奇心をそそる記事も。



    2017年5月16日火曜日

    アニメ「進撃の巨人」ハンジが問い詰めた"ニック司祭"が隠し持っている劈の中の巨人の秘密【ネタバレ注意】





    アニメ「進撃の巨人」ハンジが問い詰めた
    「ねぇ 壁って全部、巨人でできてるの」


    進撃の巨人Season2の序盤で壁が壊された時に急いで駆けつけてきた「ニック司祭」ハンジはニック司祭がどうして壁の中に巨人がいるのか問い詰めたものの、黙秘権を行使するばかりか、何かに取り憑かれたかのように我が信念を貫き通す意志がニック司祭にはありました。

    そこで今回は黙秘権を行使したニック司祭が隠している壁の中の巨人について"一部"説明していこうと思います。

    壁の中の巨人

    壁の中にいた巨人を知るには1世紀ほど遡ります。当時は壁などありませんでした。巨人の管理という名目の争いから逃れるべくして逃れたフリッツ王家145代目「レイス」が、壁外からやってくる巨人を身を守るために3つの壁を作りなさいと指示したことが始まりです。

    そしてその真実をニック司祭は知っていました。

    ニック司祭の死

    ニック司祭は原作では既に死んでいます。アニメ本編ではまだ描かれていません。(記事投稿日17.5.15)

    原作で描かれたニック司祭の死の描写では、初代レイスの末裔である「ヒストリア」の生存を確認したことで安堵したかのように死んだとされています。

    またニック司祭がハンジに捕まっていた時も、鍵となるのは「クリスタ」だとしています。この時はまだ自分がヒストリアだと名乗っていないので、ハンジが知りうる名前となると「クリスタ」になるのです。

    そしてハンジがそのコが104期にいると確信していました。容姿だけを説明していたとするなら「クリスタ」とは言っていないのかもしれませんが・・・。(憶測)

    そして、ハンジは塔に篭っていた兵士を助けに向かいます。そこでクリスタは自らを「ヒストリア」と名乗りました。

    これは一体何を意味するのか。

    ニック司祭の後継者となりうる「司祭」

    原作ではニック司祭が隠し持っていた秘密を知っている司祭が他にもいます。彼らもまた内戦が始まるだけだから秘密は漏らさない姿勢をとっており、司祭たちが隠し持っている「壁の中にいる巨人」と、それ「壁を汚してはならない」などの熱心な布教行為が秘密を解き明かす鍵となってきそうです。



    新品価格
    ¥3,670から
    (2017/5/7 01:53時点)

    新品価格
    ¥3,994から
    (2017/5/7 01:54時点)

    新品価格
    ¥7,048から
    (2017/5/7 01:54時点)

    新品価格
    ¥9,711から
    (2017/4/15 17:22時点)

    新品価格
    ¥11,000から
    (2017/4/15 17:24時点)

    新品価格
    ¥2,800から
    (2017/4/15 17:24時点)

    新品価格
    ¥2,750から
    (2017/4/15 17:24時点)



    0 件のコメント :

    コメントを投稿

    ANTENA RSS

    ARCHIVE

    LINK





    RE:ACCESS

    アクセスランキング

    Feedly

    follow us in feedly

    IN OUT

    PAGE TOP