TeLog Anime+Game

深夜アニメのおもしろ記事や
家ゲーRPG・ネトゲ・スマホゲームのおすすめから
感想や攻略系情報ブログなど
たまに知的好奇心をそそる記事も。

TELOG. Powered by Blogger.

メモリー32GB?ネット用語にキッズ困惑、ROMとRAMの違い


ネット用語とは様々で淫夢からブロント語、一般的にはネット用語やROMと似たAFKのようなネット用語まで様々である。今回はこのプログラミング用語、ROMとRAMの違いを紐解いていく。

ネット用語のROMとは?

ROMとは放置といった意味を持っている。使い方の一例。
「話の流れがわからないならROMってて」

「話の流れがわからないなら放置してて」 

更にひどい捉え方をすると 

「話の流れがわからないなら黙ってて」 

こういった意味合いが込められていて、正式名称は「Read Only Member」読む専用の人達といった意味合いをもつ。 

ROM専、ロム専とも言われる。

ネット用語のAFKとは?

AFKとはキーボードから離席するといった意味を持っていて、スマホが普及しない前の用語であって、今では若い子たちはほぼ使わなくなっている。

正式名称は「Away From Keyboard」。キーボードから離席すること。

プログラミング用語RAMとROMの違い

この二つは電気信号を使って読み書きする半導体メモリーを指し示している。ROMの意味合いは先程と変わりなく「読む専用のメモリー(人達)」といった意味合いで変わりない。

RAMの正式名称は「Random Access Memory」。ランダムに、自由に読み書きが行われるメモリーのことを指し示している。

メモリーとストレージを間違えてはいけない

メモリとは作業スペースの広さで、ストレージは物入れてられる引き出しの広さである。

メモリとストレージの違い・・・確かメモリは机の上の広さ、ストレージは引き出しの大きさとして覚える。机の上が広ければ広いほどいろんな作業が同時にできるし、引き出しが大きければその分たくさん保管できるという意味。

0 件のコメント:
コメントを投稿



※コメント反映までに時間がかかる場合があります。

ARCHIVE

記事に行く

もっとみてあげる