• Breaking Entry

    TeLog Anime+Game

    深夜アニメのおもしろ記事や家ゲーRPG・ネトゲ・スマホゲームのおすすめ
    感想、レビュー、リセマラ、攻略系情報ブログ
    たまに知的好奇心をそそる記事も。





    2017年8月4日金曜日

    【DQ11/ドラクエ11】『練武討魔行』「最終試練」の倒し方、PT構成、攻略方法など【第1戦/第2戦/第3戦/第4戦】





    【DQ11/ドラクエ11】ドゥルダ郷・大修練場「最終試練」『第1戦』『第2戦』『第3戦』『第4戦』の倒し方、PT構成、攻略方法など。

    今作最強の武器「ひかりの大剣[攻撃力353]」を手に入れるためにはこの最終試練を乗り切らねばなりません。そこで今回はその倒し方について端的にまとめました。PT構成や必須レベルのアクセサリーについて。過度な期待はしないように!



    [練武討魔行]:最終試練

    一戦ずつに戦えるメンバーは2人ずつとなっている。

    全員をゾーン状態にさせておく。
    【DQ11/ドラクエ11】ゾーンの出し方、入り方、その仕組みについて詳しく

    第1戦

    ・グレイグ
    ・シルビア

    第1戦では火力要員とバフ、デバフ、回復ができるシルビアを抜擢。

    第2戦

    ・マルティナ
    ・ロウ

    全体高火力が必要不可欠となってくるので、マルティナとロウを抜擢。そこは魔法使いなのではないか?と思うかもしれないが、その切り札は第4戦で使うため、このメンバーが選ばれる。

    「テンタコルス」は見かけによらずめちゃくちゃ硬いため、ロウのむげんのさとりを使い呪文の威力など、攻撃の底上げをしていく必要がある。ニマ大使が召喚した「タコメット」はマルティナの全体攻撃「ピンクサイクロン」で沈めていく。

    すると仲間を復活させるために、くっそ硬い「テンタコルス」がメガザルダンスを踊り、自ら犠牲になり自滅してくれる。召喚されたモンスターも強くないので全体攻撃で倒していこう。






    第3戦

    ・主人公(イレブン)
    ・カミュ

    単体攻撃火力で押し切る作戦としてカミュと主人公を抜擢。カミュの高火力に期待ができる。

    パンドラの玩具箱は「ザラキ系」のスキルを連発してくるため、生き延びる運要素が非常に高い。ザラキ系のスキルを撃ってくる前に、ぶんしんを使い高火力を放っていく。

    主人公はアルテマソードで通常運転。パンドラの玩具箱も意外と硬いのでこれが安定する。

    少し立つと、ニマ大使が3体のモンスターを召喚。最も硬いモンスターは最初からいた「パンドラの玩具箱」なのでこの1体を集中的に攻撃し、確実に沈めておくことが必要になる。

    パンドラの玩具箱を無事沈めることに成功した後は、主人公の全体攻撃「覇王斬」などを使い、3体を処理していく。

    第4戦

    ・セーニャ 
    ・ベロニカ

    最後の戦いは、高純度の高火力を解き放つことが可能になるこの姉妹にお任せしていく。


    最後の切り札ともなるこの二人のゾーン状態でのれんけい技「クロスマダンテ」を放ち、4000オーバーダメージを叩き出すことが可能。保険として、初手にイオグランデをぶっ放す手も有り。

    アクセサリー:スーパーリング+3


    全キャラクターが装備できる上に、怒り・混乱ガード、毒・猛毒・幻惑ガード、マヒ・休みガードの耐性を飛躍的に上げることができる、「スーパーリング」+3強化することで、全ての耐性+50%上昇するチートアクセサリーも揃えておくことをおすすめします!

    【DQ11/ドラクエ11】怒り・混乱・毒・猛毒・幻惑・マヒ・休み、全ての耐性+50%上昇するアクセ「スーパーリング」の入手方法、入手場所まとめ

    ドラクエ11関連攻略記事


    ANTENA RSS

    ARCHIVE

    LINK





    Feedly

    follow us in feedly

    PAGE TOP