TeLog Anime+Game

深夜アニメのおもしろ記事や
家ゲーRPG・ネトゲ・スマホゲームのおすすめから
感想や攻略系情報ブログなど
たまに知的好奇心をそそる記事も。

TELOG. Powered by Blogger.

釣りよかでしょう。の歴史をWiki並に紹介!よーらい(リーダー)は元々ニコ動でゲーム実況をしていた!

釣りよかでしょう。の歴史をWiki並に紹介!よーらい(リーダー)は元々ニコ動でゲーム実況をしていた!

ここ最近YouTuberでも釣り系動画の人気が急上昇しつつある!そこで今回は釣り系YouTuber「釣りよかでしょう。」のリーダーでもある「よーらい」さんの歴史をWiki並に紹介していく!OPタイトルロゴの後にも出てくる「よーらい」さん。これを機会に知ってみてはいかがでしょうか!



釣りよか結成秘話!!


よーらいさん曰く、「釣りよかでしょう。」というチャンネルが出来上がったその歴史を説明している動画。

・ニコ生でゲーム実況プレイ
・タブー視された実況配信
・佐賀よかでしょうの波形から生まれた「釣りよかでしょう。」

この3つを主に取り上げていきます!

始まりはニコ生で「ゲーム実況」

よーらいさんは元々はニコ生でゲーム実況者として活動していた事実をここ最近の急増中の視聴者さんは知らないことだろう。

なのでそのニコ生で挙げていた動画で最も古いゲーム実況動画を見ていただくことにする。


この動画は一番最初にあげた動画ではないが、公開されている中で最も古い動画と捉えて良い。

釣りよはハウス動画でもたまにゲーム系の話をされて、どうして釣り動画でゲームの話をしてるんだろう…と疑問になっていた方はこれでその疑問も晴れたかと思います。

YouTubeでは再生数1,000,000超える動画は数多く見られますが、YouTubeが日本の若者にとってポピュラーな動画サイトとなる前はニコニコ動画が若者達の中で主流でした。

当時はまだYouTubeで再生数がお金になる仕組みが導入されておらず、ニコニコ動画が流行っていたのです。そして月にあがる動画再生数も決して多くなく、1,000,000再生を「ミリオン」と呼び、ランキング入りしたりして「殿堂入り」タグをつけるのが流行ったりもしました。

そうした動画サイトそのものが、世間からまだ注目されていない時期から「よーらい」さんはゲーム実況をしていたようですね。

ちなみにここの管理人は、ボカロ「炉心融解」がミリオン達成した時を知っているレベルのニコ厨でしたが、今ではあの香ばしさは消えています(´・ω・`)






タブー視された「顔出し配信」

今ではそのほとんどが顔出しを躊躇なくネット上に上げる人が数多く存在しますが、当時のニコニコ動画では顔出しをする実況者や生主はほとんどいませんでした。

誰もが顔出しをすることで黒歴史を作るという認識があったからです。

そんな風潮の中でも「よーらい」さんは実写動画をとりたいと考え「佐賀よかでしょう」を立ち上げます。

最初は「ぼくのなつやすみ」という動画をあげ、その動画が面白いと話題になりミリオンを達成します。



この「ぼくのなつやすみ」とはソニーが発売したゲームで、全6作シリーズ累計120万を売り上げる功績を残したタイトルとなっています。そのゲームの内容を、実写でやったら面白いだろうという考えが実写動画・顔出し動画を出していくきっかけとなっていきます。

佐賀よかでしょうホームページ
http://bokunatusaga.at-ninja.jp/

そしてこの「佐賀よかでしょう」が徐々に釣りメインになっていき「釣りよかでしょう。」が誕生したのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか! 最初はゲーム実況をしてただなんて今では考えられませんね!釣りメインのチャンネルでゲームの話が出てくるのも納得!



0 件のコメント:
コメントを投稿



※コメント反映までに時間がかかる場合があります。

ARCHIVE

記事に行く

もっとみてあげる