TeLog Anime+Game

深夜アニメのおもしろ記事や
家ゲーRPG・ネトゲ・スマホゲームのおすすめから
感想や攻略系情報ブログなど
たまに知的好奇心をそそる記事も。

TELOG. Powered by Blogger.

進撃の巨人原作105話 エレンの人格が変わった?調査兵団との絆関係は無くなっている可能性・・・

進撃の巨人原作105話 エレンの人格が変わった?調査兵団との絆関係は無くなっている可能性・・・

【ネタバレ要注意】進撃の巨人原作105話最大のネタバレとも言える「サシャ死亡」ですが、同期である「アルミン」「ミカサ」「ジャン」「コニー」は激しく泣き悲しむ描写は描かれているものの、「エレン」だけはサシャ死亡の報告で冷静を保っていました。これはいったいどういうことなのか。

エレンだけ妙に冷静だった

「サシャが死んだ」ことを伝えに来たコニーの描写から…

「アルミン」「ミカサ」「ジャン」だけは顔を青ざめたり涙を流したりと非常に悲しむ描写があるものの…


唯一「エレン」だけは、同じ釜の飯を食った同期のように表情を曇らせることはせず感情的になる様子はないまま”サシャは…最期…何か言ったか?”と質問をしただけです。

1期2期アニメやマーレ編に行く前のエレンであれば、非常に感情的になったり情熱的な熱意を感じるものさえあったと思いますが、4年たった今のエレンの人格を見るに明らかに変化している。





サシャが死んだのはお前が調査兵団を巻き込んだせいだ

瞬時に感情的にならなかったエレン対してジャンが「お前が…調査兵団を巻き込んだからサシャは死んだんだぞ?」と、エレンが主犯格であることを再認識させるようなセリフを吐くと、

サシャとの思い出が蘇り涙ぐみました。

エレンは王都地下街へ堕ちていた

同期にも関わらずサシャの死を目の前にして瞬時に感情的にならなかったのは「死人に見慣れた」という可能性も少なからず影響しているのではないかと感じす。

調査兵団であれば仲間が巨人に食わる経験を詰んでいるのでそんなモノ関係ないかもしれませんが、同期かつほぼメイン登場人物だったキャラクターが死んだにも関わらずエレンは涙一滴も流さず、涙ぐむだけで終わるというのはやはり空白の数年間で人が死ぬことに慣れきってしまったのでは?

ハンジ曰く、エレンと調査兵団の絆関係は消えた

壁を巨人から取り返すためにエレンを頼り切ってきた調査兵団の面影はもはや感じられず、そればかりか期待とは裏腹に憎悪のような何かを感じることさえ出来ます。

普通の表情ではなく、目の下に縦線が入るような描き方をしているので深刻な関係性に至っていると捉えることが出来ますよね。

【考察】
空白の数年間で王都地下街で調査兵団を殺してきた可能性

ミカサを引き止めたアルミンの行動ハンジの冷たい対応リヴァイ兵長の足蹴りなど、今まではちょっとキャラ付けのために行ってきた行動や言動真意に迫る雰囲気を醸し出しているような気がしてなりません。

一体エレンはマーレ編に飛ぶまでの4年間で何をしてきたのか、王都地下街でどう生活していたのか、解らないことだらけですが4年前と今を比べれば解るように”何かが”エレンの人格に変化を齎していることは確かなのではないでしょうか。





■PC-Google play
別冊少年マガジン 2018年6月号

■Amazon
新品価格
¥15,903から
(2017/5/20 16:19時点)

新品価格
¥15,903から
(2017/5/20 16:19時点)

新品価格
¥3,670から
(2017/5/7 01:53時点)

新品価格
¥3,994から
(2017/5/7 01:54時点)

新品価格
¥7,048から
(2017/5/7 01:54時点)

新品価格
¥10,649から
(2018/3/14 20:24時点)

新品価格
¥190から
(2018/3/14 20:24時点)

新品価格
¥475から
(2018/3/14 20:24時点)

新品価格
¥11,000から
(2017/4/15 17:24時点)

新品価格
¥2,800から
(2017/4/15 17:24時点)

新品価格
¥2,750から
(2017/4/15 17:24時点)


ARCHIVE

上に行く

記事に行く

もっとみてあげる