TeLog Anime+Game

アフィカスなのにアドブロを推奨するブログ!
深夜アニメのおもしろ記事・
家ゲー・ネトゲ・スマホゲームの攻略系情報ブログ・知的好奇心をくすぐる記事とか!

TELOG. Powered by Blogger.

進撃の巨人95話 9体目は「戦槌の巨人」タイバー家が所有していた!冒頭の巨人と戦槌の巨人の一致点?


原作95話で新たな新事実発覚!9体目は赤子継承と思われた冒頭の巨人ではなかった…!?
数多くの考察サイトでも取り上げられた9体目の巨人。

その全貌がついに顕となりました!かつての脅威そのものであった「フリッツ王家」を大陸から退かせた役目を担った「タイバー家」、代々管理してきた「戦槌の巨人」が進撃の巨人最後の9体目に!

9体目と思われた仮説・考察を覆す結果に

今まで散々いわれてきた「冒頭の巨人」と称されている赤子継承らしき女の子。

たった1シーンのモブに名前がついていたり、エレンの夢に出てきたり、明らかに無垢の巨人とは思えない殺し方や、その強さから冒頭の巨人が9体目だと思われてきました。 

 しかし、その説は今回の95話で砕かれることに。 進撃の巨人”最後の巨人”とも言われた9体目は「戦槌の巨人」となります!





「冒頭の巨人」と「戦鎚の巨人」の一致点


既にお気づきでしょうか。

この「戦槌の巨人」と呼ばれる巨人は「巨人大戦の絵」にも出てきています。名前についている「戦槌」からして、槌(ハンマー)を持っている巨人(髭を生やしている巨人)が該当するのではないかと伺えます。

そして「冒頭の巨人」の特徴も、この「巨人大戦の絵」に描かれている右手に槌(ハンマー)を持っている筋肉質な巨人の特徴と酷似しているのです。

これは一体どういうことなのか。

冒頭の巨人の存在を”完全否定”するならば、巨人大戦に描かれていた巨人の特徴とかけ離れてもいいはずです。

しかし、「冒頭の巨人」の特徴である「筋肉質」や、DSゲーム内の中ボスとして扱われた巨人の特徴に「髭」「筋肉質」があったり、今回に至っては今まで説明できなかった「槌(ハンマー)」を所持している理由が「戦槌の巨人」と言う名前に由来していた事実を知ることができました。

「冒頭の巨人」戦鎚の巨人2体の巨人に当てはまる全ての特徴が、この「巨人大戦に絵」に描かれている”一体の巨人に全て当てはまっている”のではないかという説。

マーレやエルディアにも属さない「タイバー家」はどこに住んでいるのでしょう。


1つ目の考察

「戦槌の巨人」の特徴と、「冒頭の巨人」の特徴が一致している説を唱えるなら、代々から「戦鎚の巨人」を管理してきたタイバー家は「パラディ島」のどこかに住んでいる必要がある。

2つ目の考察

13年の余命の内に次期候補の「戦鎚の巨人」を継承する人間を作り出すことが出来ず、継承者が寿命を迎え、そのままエルディア人に赤子継承されてしまった可能性。


進撃の巨人95話 9体目は「戦槌の巨人」タイバー家が所有していた!冒頭の巨人と鉄槌の巨人の一致点?


「戦槌の巨人」として巨人の能力を所有しているにも関わらず、今まで表舞台に出てこなかった過去には理由があるのではないのかと思えます。壁外のエルディア人を管理しているマーレ政府が巨人の力を必要とした時でさえ、一度も姿を現すことがなかった「タイバー家」

これからは「タイバー家」の素性に趣を置いて考察していきたい所ですね…!





最後に


話は少し変わりますが、超大型巨人・女型の巨人・顎の巨人・鎧の巨人をパラディ島に送り込んだ時点で、マーレ政府は既にフリッツ王家の人間が「始祖の巨人」の”能力”を上手く扱えない理由を知っていたようです。 一体どのようにして「不戦の契」という契約が結ばれていることに気がついたのか。こちらも気になる所ですね。






新品価格
¥15,903から
(2017/5/20 16:19時点)

新品価格
¥15,903から
(2017/5/20 16:19時点)

新品価格
¥3,670から
(2017/5/7 01:53時点)

新品価格
¥3,994から
(2017/5/7 01:54時点)

新品価格
¥7,048から
(2017/5/7 01:54時点)

新品価格
¥9,711から
(2017/4/15 17:22時点)

新品価格
¥343から
(2017/5/21 21:33時点)

新品価格
¥11,000から
(2017/4/15 17:24時点)

新品価格
¥2,800から
(2017/4/15 17:24時点)

新品価格
¥2,750から
(2017/4/15 17:24時点)


0 件のコメント:
コメントを投稿



※コメント反映までに時間がかかる場合があります。

アフィブログですがアドブロ推奨してます!
アドブロ推奨してる管理人のTwitter→ @TELOG_EUZEU

ARCHIVE

記事に行く

もっとみてあげる